• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

“心”呼吸しよう~ What's up ? 一人はいやだな

青春に悔いなし!人生に憂いなし! 引き返す事の出来ない人生という一本道,ならば大切に生きようと誓った・・・

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『明暗2』 若者の行方・・・

  1. 2006/12/07(木) 14:38:58_
  2. ためになる話かも?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:22
二人の若者が去っても塾の教室は何事も無かったように、
いつもどうりにすぎていました。

月日がたち、D君のお姉さんが次年看護大学に入学できました。
彼女は満面の笑顔で最後の挨拶にきてくれました。
彼女との付き合いは、やはり中学1年から、ざっと6年間でした。
物静かな子で、あまり感情を表に表さない子でした。
しかし、笑顔は人一倍可愛くて、何よりも美人です!!

そうですねえ・・・・大地さん一派の若い衆がみられたら、
紹介してほしいと大変うるさくなるだろうなあ・・・ふふふ

そんな彼女が、D君を連れてやってきました。
『うちの弟をお願いします。先生でないとだめなんです。
 これは、姉の勘です・・・母には話がついています・・・』

そう言う彼女の目は、真剣でした。

 
半年ぶりに見るD君は、あいかわらず黙ったままである。
親の了解もであるが自分の意思が大切だとはなし、
つづけられそうなのか?友達とのことはいいのか??
中2になってしまったが、これ以上はふらつかないこと・・・・

何故か分からないが、お姉ちゃんから預かったことで
責任が重大に感じていた私でした。

成績は2学期に上がったにもかかわらず、3学期はまた元通り・・
生活習慣から直すことと、私を全面信頼する約束をしました。
私と会うのは週3回それも、おおくて1回3時間。
何ほどのことが出来るでしょう・・・・

親さんには、栄養のあるご飯作りと、健康管理を頼み、
お姉ちゃんに、学校への提出物、忘れ物の検査、宿題をみてもらう
ことにしました。

今、自分のことが自分で出来ない子がいーっぱいいます。
中学1年で、ウオシュレットのボタンを親に押してもらっている子が
いますよ!!実際のはなしです。

みなさん!!親がアホなのか?子供がアホなのか?
日本はどうなっていくのでしょう・・・・悲しい


これで、自立心が養えるのか・・・?不安を感じながらD君との
関わりがはじまりました。

う~~~ん!!私彼に怒ってばかりいました。
『何もせずに来るな!やろうとした姿をみせなさい!』
『返事は大きな声で!』『時間に遅れない!』
『約束は守ること!』『言い訳はするな!!』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そら夫がそばから『嫌いなの?あの子のこと?』と聞いた・・・

うん?・・・・あっ!!

違う!!違う!!自分の息子だったら・・・困るから・・・・
そうか、思いを伝えよう・・中3いや、塾生全員、講師にも・・

みんな!!集合!!

みんな!!今日は皆が私のことをどう思っているかわからないが、
私がみんなのことをどう思っているかはなします。
そう言って、じっと顔をみまわした・・・・

うん!怖がっとるのもいるなあ・・・・親しんどるのもいるなあ・・・
うん?何を考えとるのかな?無表情だなあ・・・・
そう感じながら、はなしだしました。

『諸君!君たちの親はうるさいかね?いいかげんにして!と思うかね
その理由はうるさいからかね?』
彼らの答えは、『うるさい!!』でした。

でも、嫌いじゃなかったのが救いでした。

私は自分が大学の下宿に出てくる日今は亡き母に言われたことばを
子どもたちにはなしました。

『そら、貴方は今日から下宿生です。親と離れやっと好きなことを
出来ると喜んでいるでしょう!それも人生経験としていいでしょう
しかし、これだけは覚えておきなさい。親とはやかましい者です。
わが子であるが故、当然立派になってほしいと思っています。
人よりぬきんでるためには、人一倍の努力が必要です。
それは、一人ではできません。そばに応援団長がいります。
その、応援団長がおやです。応援団は大きな声で声援します。
必死になっている人にきこえるためには、大きな声を出さないと
聞こえません。太鼓も鳴らします。ラッパもふきます。すずも・・
うるさいぐらいに・・・・・ここからが大切なんです。
これは親だからできるのです。でももし、これから出逢った他人様が
親以上に叱ってくれたり、注意をしてくれたら、その人は本物です。
親だと思い感謝して従いなさい。貴方の敵ではなく味方だからです
自由のはきちがえをしないように・・・・がんばりなさい!』


私は宣言しました。
『正しいことは胸を張って言い続ける。君たちにとってよしと
思うことは、うるさがれても言い続けるからね・・・・・』

彼らの反応は・・・じっと私をみつめていました。

さて、話を元にもどします。

帰ってきたD君とはその後、わいわいがやがや、いろいろありましたが
なんとか、中3の現在まで来ました。
11月12日(日)彼らの合唱際に招待されました。
私は普段見ることの無い彼らの姿が見れると、楽しみにでかけました。

そこで、もう一人のあのK君に出会いました。
皆が並んで歌っている壇上で、なにもせず、ぶらぶらしていました。
わが目をうたがい、何度も目をこすりました。
自分の歌が終わると、客席のまわりをうろうろしたりしはじめました

何気に近づいたKと私は目が合いました。お互いじっとみていました。
驚きで、声がでなかったというのが本当のところです。

胸の苦しさをかかえながら、母親をさがしました。
『いるわけないか・・・・息子の様子を一番知っている親が
こんな所にくるわけないか・・・・』
本当は来て、息子に注意をしなければならないはずなのに・・・・

複雑な心境でその日はおわったと思います。
その日から、私の頭にはK君が住み着きました。
『何で?どうして・・・・?』

それから、2・3日してなんと!!私とK君はばったり会いました。
今まで、会った事がないのにここにきて急に会うとは・・・
何かの意味があるのでしょうか・・・・・

彼は自分から声をかけてきました。姿は上下スエット、
片手にたばこ、片手に彼女をかかえていました。

そら 『kどうした?その姿?何があった?あんたの周りにはどんな
    大人たちがいたんや?野球は・・・・?』
    溢れる涙が止まりませんでした。

K君 『オレのための涙?もうおそい!!
    親がさがしてくれた塾長はオレのことどうしようもない
    バカだからその辺にいろといった
    オレ、もどりたかったけど・・・無理だと思った・・・』

そら 『帰っておいで。遅くない!!遅くない!!』

K君 『もう、遅いて!!おれは、ばばあをゆるさねえ・・・』

そら 『親は応援団長!表現がへたなだけ、うらんじゃいけない
    わかる!人を恨んで生きるのは自分の人生をつぶすから・・』

K君 『Dは真面目にやっとるみたいやな!!一緒にいれば
    よかた・・・・・もう、おそいから・・・・』

そういって、彼女と行ってしまいました。

そら 『そらは、いつでもあそこにいるからね!!人生やりなおしたく    なったら、もどっておいで。本当だよ!!』

K君は後ろ手に手をふって去っていきました。
逃げもせず自分から声をかけてきた彼。意味があるのだろうか・・
まだ中学3年の彼、これからどうするのだろう・・・・・

私の側にいなかったからこうなったという話ではない。
側にいる大人たちによって、子供はかわるということを伝えたいのだ。

なることは、誰にでも出来る。

しかし、

なることは、誰にでも出来るこ

とではない。

育てることの大切さ、難しさを

考えてください。


本当だね!!と思われた方ポチッとお願いします

 
テーマ : 壊れそうな心    ジャンル : 心と身体

  1. 2006/12/09(土) 23:28:31 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪ゴンさん♪
こんばんわ^^ようこそお越しくださいました。

事実は小説より奇なりといいますからねえ・・・・・
むしろ、事実を元に映画や、小説がかかれますからねえ・・・

息子さんが、『遅くない!』と言ってくれたことが、うれしいです。
彼も、気づいて来てくれるのを待っています。

なにぶん本人の意思が必要ですから・・・・・

息子さんと、向き合って生活してくださいね!!
お母さんは、毅然としていてあげてくださいな!!

また、コメントお待ちしています。 ありがとうです^^




  1. 2006/12/09(土) 18:25:58 |
  2. URL |
  3. ゴン
  4. [ 編集 ]
読ませていただきました。
まるで小説を読んでいるようでした。

目の前に中学生の息子がいるので、よんで聞かせました。

「なんで先生のとこにもどらへんの?おそないのに。」と言ってました。私も同感。15で遅いことなんか、ぜんぜんあらへん。

自分を心配してくれる人がいる限り、一人じゃない。

悲しいですね。

  1. 2006/12/08(金) 18:13:21 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪オレンジモカさん♪
親や私達が頑張ってもねえ・・・・・
人生は自分のものだと自覚しないとねえ・・・・・

モカさんのような母親がいーっぱいいるといいなあ・・・・
ありがとうです!!

  1. 2006/12/08(金) 17:15:17 |
  2. URL |
  3. オレンジモカ
  4. [ 編集 ]
こんばんわ。続きを読みに参りました。
やはり、子どものことは親がまるごと一緒に抱えてあげないとだめなんだなって思います。

一緒に生活して行く中で、考えてることをたくさん話あって
支えあっていくのが家族だろうと思います。表面的な成績こととか結果だけで子どもを評価するのは、危険だなと思います。

子どもにとって、安心して帰れる、家族、母親でありたいと
思いました。そらさん、塾生たちの応援団がんばってくださいね。

  1. 2006/12/08(金) 11:33:27 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪ruriさん♪
ふふふ・・・こんにちわ^^
すっごい美人だから・・・・ふと思い出しました。

あはは~~~   怒られそう~~~

次の記事にうつりまーす!!ありがとうです

  1. 2006/12/08(金) 11:30:58 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪らりさん♪
このところの親子を見ていると、何かがへんです。
いえ、日本の世の中全体がおかしいです。

大人たちのやっていること・・・・・
公〇員さん無法地帯だから、好きなことしてきた。
学校の先生・・・・子供たちを助けてください・・・・

言い出したらきりがないほど腹がたってくる。
そういう自分は何をしているのだろう・・・・

自分のできることはなんだろう・・・・ありがとうです!!

  1. 2006/12/08(金) 11:24:24 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪TAMさん♪
きゃぁ~~ひさしぶりです!!元気そうでよかったです。
はーい!!彼女は『あやや』よりも美人です。
もう、一緒に歩くと必ず振り向かれます。
目がぱっちりとした、現代風の美人です。

ナースになったら、患者さんがうるさくなるだろうなあ・・・・
ミス〇〇にでたら、きっと全国大会にいくだろうなあ・・・・・

何の話をしているんだ!!!あはは~~

これからもよろしくね!!  ありがとう・・・

  1. 2006/12/08(金) 06:07:06 |
  2. URL |
  3. ruri
  4. [ 編集 ]
確かに親になることは簡単
でも育てる事は簡単な事ではないですよね

そらさん、大地さんの名前がでてきて笑っちゃいました

  1. 2006/12/08(金) 03:13:11 |
  2. URL |
  3. らり
  4. [ 編集 ]
親も子も、すっごくお互いをレベル高くあってほしいと望んで見てるのかな?
だからお互いに押しつぶされあっているのかな・・・って思えます。
自分が不完全なのにどうして相手には完全を求めるのでしょうねぇ。
そういうのは「向上心」とは違うような気がしますが。。。

K君もお母さんもそれに気がついて正面から現状を受け入れて欲しいですね。

  1. 2006/12/08(金) 02:49:49 |
  2. URL |
  3. TAM
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです^^
はい!紹介してください!!(笑)

ホント、『明暗』って感じですね。。。
大人でもそうですけど、
周りの環境次第で
どうにでも変わってしまう恐さはありますね。。。

他人に対して真剣に怒れる人は素敵だし、
目指す所でもあります^^

  1. 2006/12/08(金) 00:26:55 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪ゆんさん♪
ですよねえ・・・・私なんか、今でも遅くないと英会話始めましたよ
家族からは、あなたは少し遅いといわれました・・・あはは~~

どこの家でも、下の子は難しいと言ってますよ!!
私も次女でしたが、親の言うことはことごとく反抗してましたね。
今思えば、悪かったなあ・・・・と反省しています。

向き合って、正面から付き合ってみて下さいな!!
親の一生懸命さをバカにする子はいませんよ!!
子供は口とは違うことを胸にもっていることが、多いですよ!!

ありがとうです!!また伺います。

  1. 2006/12/08(金) 00:20:57 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪水月さん♪
こんばんわ^^きゃあ~~~さっそくの訪問
ありがとうございます。
はあい!!ものすごい勢いで探しました。
字が小さいので大きくなったらいいなあ・・・・・・希望

けっこう気に入っています。これからもよろしくお願いします。

ありがとうございました。

  1. 2006/12/08(金) 00:18:24 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪ジェレミーさん♪
こんばんわ^^う~~ん???
何が遅いんでしょう・・・・やっぱり逃げてるのかなあ・・・??

人は変われるはずなんです。でも、それは勉強と同じで、
本人がその気にならないとだめだと私は思います。

もったいないです。ありがとう!!

  1. 2006/12/08(金) 00:15:17 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪蓉子さん♪
>>子どもだけでも、親だけでもダメなのです。
   みんな一緒に変わらないと。
ほんと!!ほんと!!蓉子さんの言うとおりです。
日本の世の中が、まったくといっていいほど、狂ってきています
このままでは決してよくありません。

昔、自分達の命をかけて日本国を守ろうとした、坂本竜馬や
山本五十六さんたちが今の国民を見たら、きっと嘆くでしょうねえ

先祖に恥ずかしい生き方をしていますね!!

教育改革に期待してるんですけど・・・・・
ありがとう!!

  1. 2006/12/07(木) 23:20:05 |
  2. URL |
  3. ゆん
  4. [ 編集 ]
う~~~~ん・・・なるほど~~~~~・・・・。。。。
そうだったんですか・・・・・。。。。
K君は、K君の生きてる時間しか知らないから
「もう、遅い」と思ってるのでしょうね。
20年後に振り返ると、「今でも遅くない」と感じる事が出来るのに。

私は、娘が中学に入ってから悩む事が多いです。
上の娘は、幼い頃は難しいと思ってましたが、
中学は、問題無かったのですが
今、中1の娘は・・・・・う~~~~ん。。。。。
今になって、悩みながら様子をみてます(汗)
ほんと、どの時点でどうなるか分からないですね。。。。

おひさしぶり~

  1. 2006/12/07(木) 23:11:27 |
  2. URL |
  3. 水月
  4. [ 編集 ]
そらさん、こんばんは~

デザイン一新、心気一新ですね~^^
K君、親を一生恨まなければいいけれど。。

  1. 2006/12/07(木) 22:44:57 |
  2. URL |
  3. ジェレミー
  4. [ 編集 ]
まだまだ若いから、遅いってことは無いと
思うんですけど・・・
K君は、何が遅いって思ってるんでしょうね。
何かしたいことがあったんでしょうか?
でも、きっと道でそらさんに会えたことが
K君に何かを感じさせるきっかけになると
思います。そらさんの所があることを思い出し
てくれるといいですね。

親の姿は・・・

  1. 2006/12/07(木) 22:25:41 |
  2. URL |
  3. 蓉子
  4. [ 編集 ]
子どもにとっては鏡です。
子どもが親のことをどんなに口では忌み嫌っていても、
奥の奥の所まで親の姿が焼き付いています。
だから、子どもだけが悪い訳ではありません。
親だけが悪い訳ではありません。
でも、そうやって許し続けるとキリがありません。
どこかで断ち切らないと。
それが、他人との関わりなんだと思います。

その場が、学校なのか塾なのかどこか他の場所なのかは
わかりませんが、何かきっかけがあると思うのです。
親以外に、自分のために一生懸命になってくれる人がいる。
そう思うだけで親も子どもも心強くなります。

子どもだけでも、親だけでもダメなのです。
みんな一緒に変わらないと。
最近、そう感じる親子が多いなぁと感じています。
長文になってしまいました。
K君、まだ間に合うんじゃないかな・・・。

  1. 2006/12/07(木) 18:58:56 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪凪々さん♪
きゃあ、お久しぶりです。さっそく来ていただきましたか
ありがとうございます。
新しいブログになられた時、そら子がみつけて、なおして
くれました。そら子も凪々さんの隠れファンです。

これからもよろしくおねがいします。
ありがとうございました。

  1. 2006/12/07(木) 18:52:42 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
♪みやさん♪
そうですねえ・・・・どんな理由があるにしても不良になっていい
という答えにはなりません。自分の人生を真剣に考えるには
年が若すぎます。難しいですね。
思うんですが、やはり子供のうちに人の話を聞ける子に
育っていると、ある意味しあわせだと思います。

親は、小さい頃から勉強ばかりさせるのではなく、人として
するべきこと、心を教える子育てをしてほしいと思います。

ありがとう!!

  1. 2006/12/07(木) 18:28:36 |
  2. URL |
  3. 凪々
  4. [ 編集 ]
こんにちはぁ~
お久しぶりです。
お姉様の目そうですが、D君自身もわかってるんじゃないかな?
これから、彼が一歩一歩成長していって欲しいと思います。

  1. 2006/12/07(木) 18:24:09 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ 編集 ]
結局その子が弱いんだと思います。だから人のせいにする、親のせいにする。 そうやって自分は被害者なんだって顔をして逃げる。親が子供を心配してうるさく言うのは「親の持病」なんですよね。それをウザイと言うのは仕方ないことだと思う。それぐらいの子供なら自然な反応ですから。でも心のどこかでやり直したいって気持ちがあるならその子はまだ腐ってないですよ。意地はってるだけで本当は誰かに救ってもらいたいんだと思います。今は見守るだけでいいんじゃないですか。意地はってるうちは人の話は耳に入らないだろうし、もう少し様子見て自然に歩んでくるのを待ってみては?時間が必要なときもあると思います。あまいかな?
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

時計

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

インディ&シオン

ほぅ~キラキラ

The present customer

Access counter

ポチッと押してね♪

愛のポチりお願いしまーす☆

Profile

 そら

Author: そら
住所  たぶん日本の中心
職業  心を伝えてます 
性別  もうないかも?
誕生日 4月7日
知識に心が入って知恵となり
技術に心が入って業となる。
心が一番大切と言い続けてます

インディ ★ シオン

物思い じぃー       お辞儀 お辞儀      ふて寝 ふてね       ぺこり ぺこり      ママぁ~ ぼんぼん      りんご狩り りんご      最高の笑顔 最高インディ      わなわな・・・ 見苦しい      笑うインディ 笑うインディ

ゲームコーナーPlus


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

記憶力検定

Tagfriends

音楽聴いてね↓

相田みつをさんの言葉

シオンちゃん

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。