• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

“心”呼吸しよう~ What's up ? 一人はいやだな

青春に悔いなし!人生に憂いなし! 引き返す事の出来ない人生という一本道,ならば大切に生きようと誓った・・・

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


落ちこぼれの反対は・・・・?

  1. 2006/06/26(月) 12:43:52_
  2. ためになる話かも?
  3. _ tb:1
  4. _ comment:21
みなさん!!『落ちこぼれ』 の反対語をご存知ですか?

今、世の中『落ちこぼれ』は誰もが知っていて、教育現場では
対策を考え、解決に向けて指導しています。

教育大学では補習授業という形で『落ちこぼれ』対策を教えています。
ゆとり教育も、その一端です。

どうやら社会は、弱者に対して手を伸べることには十分注意を
払っているようです。

しかし、世の中にはその反対があることに気づいている人が
どのくらい?いるでしょうか・・・・?

今、世の中を震撼とさせている事件の子ども達がこの反対側の
子供達だと、気づいている人がいったい何人いるだろうか・・・・?




 
『吹きこぼれ』!!

うん?どういう意味かと首をかしげる人の為に、説明を加えます。

まず、やかんが沸騰する事を想像してください。100度になると
当然ふきこぼれてしまします。この原理です。

子ども達は、新しい発見や、未来の為に日々向上への
努力をしています。(一般的に)

その中で当然優劣はついていきますが、この優側になった子を
ほとんどの大人たちが、学問ができるという事でなんの根拠もないのに
安心してしまい。見過ごしてしまうのです。

こういう『出来る子』と思われた子は、すべてができると勘違い
されいるうちに『吹きこぼれ』ていくのです。

この子ども達は、暇になることがしばしばあるのです。

うん?どういうことか・・・・?

例えば、学校において教室で問題を解くとします。
落ちこぼれの子ども達は、四苦八苦して時間をかけて考えます。
しかし、吹きこぼれの子ども達は、あっという間に出来て
あとは、ボゥーとするのです。

前回にも書きましたが、日本の教育は受身でさせているので
自分で、次の課題を見つけるクセがついていません。

そのため、ヒマな時何を考えるかといいますと、
出来ない子供への批判や、ヒマに対する不満のはけ口を
探していると、聞きます。

いじめる側に頭のいい子が多かったりする(走りではなく主謀者)
のはこれが原因ではないかと考えます。
今回の奈良の事件の子も大変頭のいい子だと報道されています。

彼らは、頭がよすぎて吹きこぼれてしまったのです。

この対策として、私は人の心を育て上げることにもっと力を入れる
教育を心がけてはどうだろうと提案します。
大人たちが考えた、決まりきった道徳の勉強じゃないことを
考え出すことが、必要だと思います


大変難しいですが、とても大切なことです。
時間を作って考えることが必要です。未来のための大切な時間に
なると思います。無駄じゃないと言い切れます。


例えば、授業中早くできた子に先生達は手伝ってもらって
わからないと言う子に、積極的に教えることをうながす。
学問というものは不思議なもので、自分は解けても
なかなか人にはわかるように説明できないものです。

そこから、まだまだ自分が勉強不足であることを認識させれば
人を馬鹿にしたり、よからぬことを考えないのではないだろうか?

私1人の考えではこんなものであるが、三人寄れば文殊の知恵
もっと多くの人が、この『吹きこぼれ』にたいしての認識を
もってくれれば、子供達の犯罪は軽減するように
思われるのは、わたしだけでしょうか・・・・?

『落ちこぼれ』も『吹きこぼれ』

も同じです。こぼれていては

いけないと思います。


いつも遊びに来てくれてありがとう
    あなたのポチが励みです((o(^-^)o))
        








ジェレミー さん♪

  1. 2006/06/28(水) 01:39:30 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
こんばんわ~~
はあい!!
私の記事で何かお役に立つならうれしいです。
どうぞ!どうぞ!
また覗かせていただきまーす
ありがとう・・・・!

こんばんわ~

  1. 2006/06/27(火) 22:19:54 |
  2. URL |
  3. ジェレミー
  4. [ 編集 ]
今日(6/27)のジェレミーの記事で
そらさんのブログをちょこっと紹介させて
頂きました。今日の出来事を見たとき、そらさんの、
この記事を思い出したものですから・・・。
無断で申し訳ないです。

tettyanさん♪

  1. 2006/06/27(火) 18:46:52 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
こんにちわ!!さっそくのご訪問ありがとうございます。
いろいろお写真見させていただきました。
お孫さんの表情いいですねえ・・・楽しそうです!!

講師が教育実習にいって、本職の先生が名簿をみながら、
子供の説明を受けたそうです。『この子は賢い、この子はアホ
この子はバカ、この子はお人よし・・・・』

褒める言葉がでなかったと・・・・なんと悲しいことでしょう!!
教師がこれでは、いい子が育ちません。
人の思いは、語らずとも通じるものがあると、母から学びました。

今大人であっても、過去は子供・・・忘れてしまったのでしょうか?

緑の大地さんも言ってみえますように、大人が心にゆとりを
持つ必要があるようです。早急に・・・

ありがとうございました。

緑の大地さん♪

  1. 2006/06/27(火) 16:50:05 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
まさにそのとおりですね!!
手本を示すのは大人であり、いつの時代も子供はそれを見て、真似て
育つ!!大人たちが勝手な行動で生き様を急いでみたり、
営利主義に走ったりしているのに、子供達にだけあれダメ、これダメ
では説得力ありませんねえ・・・・ガクッ

何でもそうかもしれない、鏡なんですよね!!

私達なぜ?働いているのでしょう・・・?
子供の中には、自分たちをほかっておいてまで働かなくてもいい!
そういう子多いですよ!!

やっぱり、大人は子供の声、もっと真剣に聞くべきですね!!

もう一つ!『お前達のため・・・』このセリフ子供が聞きたくない
一番の、おしつけ言葉です!!

私、言ってないかあ・・・・う~~んと!!  ふふふ
ありがとうございます

  1. 2006/06/27(火) 13:08:11 |
  2. URL |
  3. tettyan
  4. [ 編集 ]
こんにちわ
「子供の教育」多岐にわたる、課題だと思います

一つの答えを導き出させる、他は間違い

このほうが教育する側としては楽なのでしょう
丸の数で「順位」をつければいいのですからね
解き方や解答の仕方に長けた、いわゆるテクニシャンを
「優秀な子」としているのでしょう。

折りしも今、後進の指導をしています
事故の発生は、社会環境に大きな影響を与えてしまう現場です
まず「なぜ」を徹底的に教えます
そのためには、あらゆる質問に即答できなければなりません

指導が終了した時、彼もまた優れた指導者になっていることでしょう。

  1. 2006/06/27(火) 12:31:43 |
  2. URL |
  3. 緑の大地
  4. [ 編集 ]
これはまた、過激な問題ですね~~~
賛否両論ありそうですね?あはは~~
これはそらさんからの、問題提起ですね?
色々な方法が有ると思いますが、、、
本来ならば、教育現場に携わってる方々が論じ合う事でしょうね~爆
とりあえず、私見を、書いて行きます(笑)
社会人こそが、「ゆとりを身に付けないと、いけないのでは?」
それは、「心」であったり、「時間」であったり、、
極論を書くと、、「良い」とか「悪い」とかを、論ずる事が、
心にゆとり無き事、、だとも言えるような気がします。
良いと言われたら、気持ち良く。
悪いと言われたら、落ち込む。
これは、子供よりも、大多数の大人達の方が、「激しく」反応するのではないでしょうか?
子供は、その反応した、大人を見て、反応しなければいけない、、
その様な、図式は、成り立ちませんかね?あはは~~

とまぁー私見書きましたよーーーー

私は、、何にも気にしない人間です。笑
でも、、キヌーさん、、、たくましくは無いです・・あはは~

ミニュさん♪

  1. 2006/06/27(火) 12:30:57 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
おおぉ!!よかったです!!
無理してお仕事いかれたか?ダウンで寝てみえるか?

連絡しようかなあ?丁度思っていたところです!!
よかったです。でも・・・・・

こらぁ~~
大人しく寝てなさい!!!  ふふふ おだいじに・・
またいきまーす

きてくれて、ありがとう!!

  1. 2006/06/27(火) 12:24:30 |
  2. URL |
  3. ミニュ
  4. [ 編集 ]
こんにちは
もう少しで完全復活できる所まで
きました~
ご心配をおかけしてしまい
申し訳ないです(泣)
もうちょっとだけ寝て過ごすミニュ
でした!ポチ

キヌーさん♪

  1. 2006/06/27(火) 12:03:56 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
こんにちわ!!みました!!柵つけたら遊べない!!
寂しい世の中です・・・・がくっ

この頃、たも持って遊んでいる子見かけません。
私が小さかった頃、蝶ちょ追っかけたり、おたまじゃくし取ったり
ザリガニ(きゃあ~~)取ってました。

海辺で育った私は、昔はカニ平気でした。子供の頃挟まれました。
痛かったので、ふりほどいたら体が飛んでいきました。
それでも痛かったので、手をみたらはさみだけ残っていました。
そのはさみが、体はないのにモソモソ(きゃあ~~)動いていました

それから、怖いのです・・・・ふふ  トラウマです!!
ありがとうございます

  1. 2006/06/27(火) 09:24:20 |
  2. URL |
  3. キヌー
  4. [ 編集 ]
そらさん おはようございます♪
子供は少々怪我しても幼児期少年期には
山や海やのっぱらで遊ばせたいものですねぇ。
人間の世界だけで育つというのは
心の大きな部分を欠落させてしまう危険性を感じます。
自然には言い訳は必要ないし

大地さんのたくましさは別にしても..笑い

心を育む大切な要素がいっぱいあります。

これはtettyanのブログです。
http://kiss10d.blog48.fc2.com/blog-entry-69.html
金網で囲われた公園の遊び場・・今の時代そのものですね。

こんなところに大きな疑問を感じてます。
言い訳のない世界で心を育むことがとっても大切だと思ってます。

記事のコメントにはならなかったです..

管理人のみ閲覧できます

  1. 2006/06/27(火) 01:48:35 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

蓉子さん♪

  1. 2006/06/26(月) 23:50:26 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
そうですね!子供の残酷さは大人でも、悩み最後は
先生を辞めていく人います」。私の知ってる限りでも
8人は職場を変わるのではなく、先生をやめていきました。

私は塾生にいつも言ってます。教生先生は夢と希望に溢れています
決して、失望させないで下さい。
教生には、子ども達は傷つきやすいです、言葉を選んでください。

さて、私は大丈夫かなあ・・・?いつも反省の毎日です  (困)

同じようなことを・・・

  1. 2006/06/26(月) 22:17:33 |
  2. URL |
  3. 蓉子
  4. [ 編集 ]
この業界に入ったときに先輩に言われました。
その時は「伸び悩み」しないように、
目を配りなさいという言葉でした。
今、その大切さをすごく感じます。
心が育っていない分、残酷なことを平気で
やってしまう子たちを見て、すごく怖いです。
心に柔軟性を持った子になって欲しいと思って
接していますが・・・難しいものです。

リンクしていただきありがとうございました♪
どうぞ、たくさん遊びに来てくださいな。

Shiniさん♪

  1. 2006/06/26(月) 18:46:09 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
Shiniさーん!!シンクロ現象ですねえ・・・これで3回目??
きゃぁ~~うれしいなあ・・・・
だって、同じ時にブログ見てこう!!て思うんですよね!!

>>ず~っと昔に吹きこぼれかけてた者の独り言です。。。

シグナルですか? 自分で気づいているということは
大丈夫か・・・?ふ~~ん!!
奈良の事件の高校生!!やっぱり犯罪者だけど、被害者ですよね!!

オレンジモカさん♪

  1. 2006/06/26(月) 18:19:24 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
なんか自分だけわからない話で盛り上がっているところへ
入っていくのって、大人だって勇気いりますよね!!

子供同士なら仕方ないかもしれませんが、大人が1人でも
いるなら、気配り心配りが欲しいところですね!!

どうして、こんな世の中になってきたのでしょう。
頭脳だけを追い求める社会はいけないと歯止めをかけたのが
遅かったか・・・?いや、あきらめてはいけません。

モカさん、私もがんばります。モカさんのような
子育てママさん達と話し合って頑張ってくださいな!!

正しいことは胸をはるべきです!!ありがとう!

あろえさん♪

  1. 2006/06/26(月) 18:07:34 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
はじめまして!!コメントありがとうございます。

そのとおりですね!!私の子供の時代はとなりのおじちゃんも
おばちゃんも、親と同じくらいやかましくて怖かったです。

人情味あふれ、親が忙しいと一人も二人も同じだとかいって
食事をたべさせてもらった思い出があります

そんな中で、自分の家庭とは違う考えがあることを知り
何が正しくて、間違っているかを子供なりに考えたと思います。

昔の親は生きることに一生懸命でした。子供はそれを見て
働くことの大変さを学びました。今は生きることもありますが
遊ぶためのお金を稼ぐとか、ブランド物が欲しいからという
親さんがたくさんみえます。とくに、お母さんのパートは
海外旅行のためとききました。

働く姿勢は一緒でも、目的が違います。
しかし、見ている子供達の目は昔も今もかわりません。

やはり、大人たちの生活意識の低下が生み出した産物なのかなあ?
と思っています・・・・教育の危機だと叫びたいです。

あとでブログを覗かせていただきます
またきてくださいな!!ありがとうございました。

ジェレミー さん♪

  1. 2006/06/26(月) 17:47:49 |
  2. URL |
  3. そら
  4. [ 編集 ]
そうですね!!個人個人で考えてみると、『ああそうだ!!』と
気づいていることいっぱいあるんですよねえ・・・

なのにだれもそれを言い出さない。この記事を書いていて
これ、文部大臣にお手紙かこうかしら?なんて思いました。

でも、とりあってくれなかったら・・・・まずは順序をふんで、
教育委員会のほうに、話してみまーす!!
こちらこそ、よろしくです。ありがとう

  1. 2006/06/26(月) 16:53:52 |
  2. URL |
  3. shini
  4. [ 編集 ]
上に飛び出した子は吹きこぼれっていうんですか~。
ちゃんと名前がついてたんですね~。
そういう子に教えさせてあげるの、たぶんとってもいいことですね~。
あと、ムズカシイ本とか読ませといたら
勝手に勉強してくれてたりしませんかね~。
最近の子はあんまり本とか読まないからだめかな?
ず~っと昔に吹きこぼれかけてた者の独り言です。。。

  1. 2006/06/26(月) 16:04:37 |
  2. URL |
  3. オレンジモカ
  4. [ 編集 ]
こんにちわ。
「吹きこぼれ」という言葉、すごく納得できます。こぼれている子はいずれにしても
何をしたらいいか、わからなくなってしまっているのかもしれませんね。

確かに子どもだけでなく、子どもを取り巻く、親たちも勉強ができることで安心しきってる
場面をよく見ます。息子はもう6年生なので、受験する子は完璧に優越感の塊になり、塾の話ばかりで会話にも入れてもらえないことがありました。仕方がないとは思いましたが
親も子どものマナーについては、関心がないようで困りました。今はそういう子なんだと割り切って
付き合っています。でもふきこぼれているんだなって思えば理解できます。

  1. 2006/06/26(月) 14:36:43 |
  2. URL |
  3. あろえ
  4. [ 編集 ]
はじめまして、タグふれんずから参りました。
そらさんのブログを読んで、わたしなりの感想を
書かせて下さい。

うまく言葉がみつからないのですが「吹きこぼれ」って
子供達だけでなく、大人や、親にも当てはまると思います。
最近の傾向として感じるのは、あらゆる面において「結果」が
求められる・・・「結果」しか見ない世の中になって
来ているのではないかという事です。

どうして、そういう答えが導き出せたのかとか、なぜそういう
考えに至ったのかという過程を無視して結論を出し急ぐ・・・
つまりその過程に置いて熟考するという一番大事な部分が
すっぽり抜け落ちているような気がします。

「吹きこぼれ」現象も自分だけが良ければいいや的な考えがあり、
これは少子化問題とも繋がる核家族が原因の一つかもしれません。
祖父祖母がいて、両親がいて、子供がいる。昔はそんな家族が
一般的で、両親に反抗しても祖父祖母が子供を諭す。
そんな構図があったのだと思います。
その構図の中で、子供達は熟考し物事の善悪を判断できるようなり、
また両親も祖父祖母から受けた教育を通しながら子供達を育んで行くという
一見あたりまえのように見える図式が核家族化や少子化によって
分断され、細分化されてしまったのではないでしょうか。

その結果として、親が子を教育する状況を見守る人もいなくなり、
両親自身も教育に対する判断を熟考する間もなく、日常に追われて
「吹きこぼれ」になっていく人もいる。そんな風に見えます。

わたしもまだ30代半ばを過ぎたばかりで、ようやく結婚したものの
まだまだ未熟で若輩者ですが、現在の日本が抱えている問題の根底は
教育にあると思っております。

わかったような事を書いてすみません。
これからも教育の現場で頑張って下さい。
長々と失礼しました。


こんにちわ。

  1. 2006/06/26(月) 13:59:19 |
  2. URL |
  3. ジェレミー
  4. [ 編集 ]
ものすごく、納得しました。
落ちこぼれの子には目をやりますが、
確かに「吹きこぼれた子」のことは
まず気付かないですね。
ジェレミーの通った中学は私立だったんで、
とても人数が少なく、教科書もまともに
終わったことがないようなクラスでした。
それでもよく勉強が出来る子と出来ない子がいたんですが、
勉強に限らず、必ず出来る子は出来ない子に教えてあげる、
お互いに自分の得意分野を教えあう環境があったんです。
そこで学んだのが、そらさんがおっしゃってる通り、
人に教える難しさです。いざ教えようとすると、
一体何を言いたいのかわからなくなる。
人に教える時は、より深く理解していないと、
教えることなんかできないんですよね。
「吹きこぼれ」に対するそらさんの考えは
的を射ていると思います。

それからリンクありがとうございました。
ジェレミーも張らせて頂きましたので、
これからもよろしくお願いしますね。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

落ちこぼれについて

  1. 2007/03/23(金) 22:44:33 |
  2. 教育問題.com
落ちこぼれ落ちこぼれ(おちこぼれ)収穫の作業中などで、容器などからこぼれ落ちたもののこと。主に穀物などに使われる。処理しきれずに残ってしまったもの。残り物。(1・2から転じて)一般から取り残されてしまった人のこと。以下、3.について記述する。----落ちこぼれ(

時計

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

インディ&シオン

ほぅ~キラキラ

The present customer

Access counter

ポチッと押してね♪

愛のポチりお願いしまーす☆

Profile

 そら

Author: そら
住所  たぶん日本の中心
職業  心を伝えてます 
性別  もうないかも?
誕生日 4月7日
知識に心が入って知恵となり
技術に心が入って業となる。
心が一番大切と言い続けてます

インディ ★ シオン

物思い じぃー       お辞儀 お辞儀      ふて寝 ふてね       ぺこり ぺこり      ママぁ~ ぼんぼん      りんご狩り りんご      最高の笑顔 最高インディ      わなわな・・・ 見苦しい      笑うインディ 笑うインディ

ゲームコーナーPlus


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

記憶力検定

Tagfriends

音楽聴いてね↓

相田みつをさんの言葉

シオンちゃん

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。